玉家建設55周年

スタッフ便り

こんにちは。本社ギャラリーの伊奈です。
立春を迎え、暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続きそうです。
引き続き、体調には気をつけていきたいですね。

この度、弊社は2月14日に創業55周年を迎えることができました。
これもひとえに、響倶楽部メンバーの皆様をはじめ、協力業者の玉家会、
匠の会の皆様のご支援の賜物と深く感謝いたしております。

私たちはこれからも、皆様の「お抱え大工」として寄り添い、安心の暮らしをご提供できるよう精進してまいります。

さて、5日(土)から金沢市八田町で見聞会を開催いたします。
今回は玉家住宅設計研究室の設計提案『田園のエッセンスが醸すぬくもり』のもと、ダイナミックな吹き抜けを活かした、
美意識と先進性が宿ったお洒落なアーバンスタイルのお住まいです。

ギャラリーでは、見聞会前にインテリアコーディネーターが物件の
SRdc(玉家オリジナルインテリア・レシピ)をディスプレイしています。
お客様の好みに合わせた床材やタイル、また壁や部屋のクロス、カーテンなど、
実際にお客様のお宅で使用している素材を展示しています。
見聞会の前にご覧いただければ、さらにイメージが膨らむと思います。

これを見ると、インテリアの雰囲気がわかり、素材がどのように使われているのかが伝わってきます。
今回は“チーク・シンプル”でしたが、15スタイルの中から、大切な家族とどのような時間を過ごしたいのか、
どのような暮らしを送りたいか。対話を丁寧に積み重ね、お客様の好みを引き出しながら一邸一邸のインテリアを考えています。

また、実際の見聞会会場ではコーディネーターがお客様の生活をイメージしてコーディネートした、
飾り棚に置いてある小物や飾られている季節のお花、壁に掛けられた絵画など、
皆様の生活の中にも取り入れやすいコーディネートのヒントが随所にあります。
見聞会をそういった目線でご覧いただくのも楽しみの一つだと思いますので、
今週末は見聞会場に是非足をお運びください。