玉家建設


MENU

ハウジングギャラリーHousing Gallery HiBiKi

ブログ

ギャラリー響から情報や季節のお便りをお届けします。

秋のインテリア
こんにちは。富山支店ギャラリーの伊野です。
朝夕はめっきり涼しく、少し肌寒さを感じるようになりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は、秋に向けてのギャラリーインテリアについてのご紹介です。

まずは、打合せコーナーで日頃お客様にお座りいただいています肘掛椅子、張り生地を新しくしました。


以前のお色はベージュでしたが、今回は落ち着きのあるダークブラウンにしてみました。


ファッションと同じ様に布地の色合いを変えるだけで、空間の雰囲気も変わったように感じられ、すっかり秋らしい装いになりました。
さらに、少し硬くなった座面にも新たにクッション材を追加し、フィット感のある椅子になりました。
もともと座面が低めで広く、長時間の打ち合わせも疲れずにゆったりとできるデザインですが、より安定感のある掛け心地を実感していただけるようになりました。
そして驚くべきことにこの椅子、実は、富山支店ギャラリーの開設当時から17年も使っている家具だということです。
しっかりと丹念に作られた本物の家具だからこそ、メンテナンスしながら使い続けていけるのだとあらためてその耐久性の凄さを感じました。
もちろんお客様にも好評で、いつもじっくりと家づくりのご相談や時にはご自宅のダイニングセットとしても引き合いをいただいております。
数千人のお客様が座り、さまざまな商談とギャラリーの歴史を見てきたこの椅子に本当に脱帽です。

そして、お客様をお迎えする正面入り口には、秋の風物詩でもある栗を姫向日葵と一緒に生けました。小さくコロンとした実がたくさん付いており、とても愛らしくなりました。

ぜひ、お近くにいらした時には、お気軽にギャラリーに立ち寄りください。
秋のインテリアとおもてなしの心で皆様をお待ちしております。