ホーム
玉家コレクション
〜 施工事例 〜
シンプル&リッチ
アフターサービス
ハウジングギャラリー 響
インフォメーション
会社情報
お問い合わせ
資料請求
採用情報

ハウジングギャラリーHousing Gallery HiBiKi

ブログ

ギャラリー響から情報や季節のお便りをお届けします。

季節を感じるディスプレイ

あけましておめでとうございます。本社ギャラリーの松岡です。
元号が『令和』に変わって最初のお正月は、とても暖かく過ごしやすいお天気になりましたね。
そして2020年は、いよいよ待ちに待った東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。
前回の東京オリンピックは1964年に開催されており、実に56年ぶりとのことです。
私も精一杯応援したいと思っています。

玉家建設では1月5日、ホテル日航金沢にて新年互礼会を開催いたしました。
本社、富山の社員、玉家会の協力業者さん、匠の会の大工さんなど総勢246名が参加し、
これまで以上にお客様に満足していただける家づくりと、信頼いただけるアフターメンテナンスに
取り組もうと決意を新たにしました。


また、令和2年度の新入社員7名の紹介もありました。
少し緊張しながらも、やる気とフレッシュさに満ち溢れた挨拶に、
私も入社した時の気持ちを思い出し、とても良い刺激となりました。
2020年はこの7人の新しい力を加え、これからも住みやすく、使いやすく、暖かい住まいづくりで
皆様に感動していただけるよう精進して参りたいと思います。

ギャラリー響でも居心地の良さや、季節を感じていただけるようなディスプレイで皆様を
お出迎えしております。
今回は節分のディスプレイをご紹介いたします。

テーブル中央には鬼と優しく微笑むお多福のお面、そして鬼退治に欠かせない豆を飾り、
節分の物語をイメージ出来るようにディスプレイしました。
また節分の翌日は立春となりますので、春に白、赤、桃色などの花を咲かせる
木瓜(ぼけ)の花木を添えました。
こちらはとても愛らしい桃色で、皆様に一足早く春を感じていただきたいと思います。

こちらは赤鬼の置物です。
右前に置かれている柊鰯(ひいらぎいわし)は玄関の戸口に差した柊の葉の棘が鬼の目を刺し、
家に入ってこないと言われています。
また、鬼は焼いた鰯の煙を嫌うことから魔除けや厄除けとされています。
この置物は和紙で作られいて、怖い鬼のイメージとは違って、少し優しい印象を受けます。

鬼を追い払うイメージが強い節分ですが、本来は多くの福が家にやってくるようにとの
意味が込められているそうです。
本年も皆様にたくさんの『福』が舞い込むことをギャラリー一同、心より願っております。
19日(日)までは家づくりの疑問やお悩みを解消する「家づくり相談会」、
25日(土)から2月2日(日)までは響会員限定の「リフォーム相談会」を開催します。
ギャラリーにお越しの際は、ディスプレイにも目をとめて頂ければと思います。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。