玉家建設


MENU

ハウジングギャラリーHousing Gallery HiBiKi

ブログ

ギャラリー響から情報や季節のお便りをお届けします。

「九谷茶碗まつり」のご紹介

こんにちは。本社ギャラリーの藤野です。
皆様、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしになられましたか。

 

私は5月3日~5日に能美市九谷陶芸村で開催されていた九谷茶碗まつりに行って来ました。

九谷茶碗まつり

九谷茶碗まつりは明治41年から続いており、今年で109回目という歴史のあるお祭りです。
毎年20万人もの人が訪れ、私は最終日に行きましたが、たくさんの人で賑わっていました。

 

会場では作品の他に、作家さんが爪に模様を描いてくれる九谷焼ネイルなどの特別なイベントやご当地グルメの販売などもしており、ご家族やお友達で来てもとても楽しめるお祭りになっておりました。

 

ところで、九谷焼といえば皆様はどのようなイメージを持たれていますか。私には、赤・青・黄・紫・紺青の五彩を用いた伝統的なデザインの美術工芸品で、高価な器でした。なかなか普段使いをするようなものではなく、特別なお祝いの席などで使うようなものだと思っておりました。

 

ですが、今回このイベントに行ってみて、このイメージが大きく変わりました。
五彩を用いた九谷焼らしい器の他に、若い世代にも親しみやすそうな現代風のデザインやアニメキャラクターを描いたものまで様々な作品の器や置物が並べられておりました。
お値段も高価なものから、手に取りやすい安価なものも多くあるという事を知りました。

 

私も出店数50店舗の広い会場で、素敵な作品に目移りしながら、可愛らしい箸置きを購入してきました。

  箸置き

伝統的な五彩を使った色絵ですが可愛さもあり、何より九谷焼を気軽に食卓に並べられると思うとなんだか嬉しい気持ちになりました。

 

今回、茶碗まつりに行った事で、九谷焼は普段使い出来る食器も沢山あるということを知り、
地元の文化や伝統工芸品にとても親しみを覚えました。

 

九谷の歴史と伝統を守りながらも、もっと日常や若い世代の食卓に合う作品を創り、
広めていきたいという窯元・若手作家の心意気と思いを強く感じてきました。

 

業界は違いますが、ものづくりの想いに共感しながら、私も50周年を迎えた玉家建設の歴史や伝統を守り、今まで以上にお客様に喜んで頂く為にはどうしたらよいのかを常に考えながら努めて参りたいと思います。

 

5月に入り暖かくなってきましたので、お出かけの際はお気軽にギャラリーにお立ち寄りください。
スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ち致しております。