ホーム
玉家コレクション
〜 施工事例 〜
シンプル&リッチ
アフターサービス
ハウジングギャラリー 響
インフォメーション
会社情報
お問い合わせ
資料請求
採用情報

ハウジングギャラリーHousing Gallery HiBiKi

ブログ

ギャラリー響から情報や季節のお便りをお届けします。

石川の歴史・文化に触れる

こんにちは。本社ギャラリーの伊奈です。
二月に入り、立春を迎える頃、ギャラリーの中庭はうっすらと雪が積もりました。
今年は本当に暖冬で生活面では助かりますが、雪が積もった景色を見ると、
風情が感じられていいですね。
寒暖の差が激しい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

実は私は関西出身で、金沢に越してきてもうすぐ四年目になります。
日々、石川の食や文化に魅了されています。
そして今回、以前から気になっていた兼六園周辺を散策してきました。

石川県立美術館では、石川県の歴史、美術工芸の伝統をふまえた、
地域文化に関わりのある美術品の展示がされており、写真で見るのと、
実際拝見するのとではやはり違いました。
人間国宝の物や、古九谷の美術品、大樋焼など・・・。
中には、石川にゆかりのある北大路魯山人の器もあり、とても見ごたえがありました。

また隣では2020年のオリンピックに併せて東京国立近代美術館工芸館が移転され、
この夏に開館されます。
そして、工芸王国・石川は豊かな文化の土壌として、日本伝統工芸展入選者数18年連続全国1位、
人間国宝数全国1位とのことです。びっくりです!!

石川歴史博物館にも足を運びました。赤レンガ造りの建物は、かつて陸軍兵器庫、
戦後は金沢美術工芸大学に使用されていたそうです。
博物館として再活用するにあたり、外観は創建当時の姿を忠実に復元され、
歴史的建造物の保存と博物館としての再利用が評価され、1990年には国の重要文化財に指定され、
翌年には日本建築学会賞も受賞されています。

歴史博物館というだけあって、縄文時代から現代までの歴史、民俗の展示がされていました。
進んでいくと高度成長期のくらしとして、1957年に完成した県内初の大型住宅団地、
円光寺住宅団地の分譲住宅の一部を復元したものもありました。青いセメント瓦葺きの一軒家で、
パーゴラ付きのテラス空間のある住宅だったそうです。

時代が変わり、いろんな仕様の変化があっても、「居心地」という住まいに対しての美意識は
どの時代にでも根底にあるのだと感じました。
せわしない日々を送る中、テラス空間でひとときの時間を過ごすということは、
私たちにゆとりと豊かさをもたらしてくれます。また、明日への活力にもつながります。

今回、石川の歴史や文化に触れ、改めて魅力ある石川に住んでいるという誇りと、
地域・文化の大切さを実感しました。
※新型コロナウィルスのためイベントが中止されている場合がありますので、ご注意ください

私たち、玉家建設は、北陸の風土と暮らしにあった快適な住まいを求め続け、
街並みに配慮し、「住まいは、居心地」を大切にしています。
ギャラリー響では、一邸一邸、お客様の想いを大切にし、
その想いがこもった模型や写真集が飾られています。
ご来場の際には、是非ご覧くださいませ。