ホーム
玉家コレクション
〜 施工事例 〜
シンプル&リッチ
アフターサービス
ハウジングギャラリー 響
分譲情報
新着情報
会社情報
資料請求
採用情報
お問い合わせ

ハウジングギャラリーHousing Gallery HiBiKi

ブログ

ギャラリー響から情報や季節のお便りをお届けします。

2019響倶楽部イベント「お正月飾りづくり教室」のご紹介

こんにちは。富山支店の齋木です。
今年も残すところあと1週間余りと、あっという間に年の瀬になり、
年々時間の流れの速さを感じます。
今年は元号が「令和」となり、新たな時代の幕開けとなった一年でしたが、
皆様にとってどんな一年でしたでしょうか。

さて、今回は先日行われた響倶楽部イベントのご紹介です。
昨年まではこの時期、クリスマスツリーやリースを作るイベントを行っていましたが、
今年は以前よりご要望の多かった「お正月飾りづくり教室」を初めて開催しました。

講師にJUINfleuriste主宰の青砥ミナさんをお迎えし、季節の植物を使った
自然素材のお正月飾りづくりを楽しみました。

午前の部は蓬莱飾りづくり!
若松・サンゴミズキ・檜・枇杷の葉・日陰の葛(ひかげのかずら)・南天・稲穂などの材料を、
バランスを見ながらレイアウトします。アクセントとして6本の稲ワラでミニバージョンの
しめ縄も手作りし、最後に水引や紙垂(しで)と共に一緒に束ねます。
スワッグのように吊り下げて飾る蓬莱飾りは束ねるだけで簡単に完成しますが、
素材の長さや色合いのバランスを考えて、ふわっと空気感を含んだように束ねる必要があります。
皆さん楽しそうにレイアウトを考えてそれぞれ違った表情の素敵な作品が仕上がっていました。


午後の部はしめ縄飾りです。
午前の蓬莱飾りと材料はほぼ同じですが、まず60本の稲わらを編んでしめ縄を
つくるところからスタートします。
水を含ませて柔らかくした稲わらを20本ずつ3束に分け、まず2束をねじりながら編み上げ、
そこに残りの1束も加えて編み込んでいきます。
このしめ縄を編む作業は、皆さん最初は稲わらをねじる向きが混乱し
苦戦していらっしゃいましたが、慣れてくると順調に編み上がっていました。


今回、本社・富山支店合わせ89組173名と、多くのお客様にご参加いただきました。
講師の方からのお正月飾りの意味合いや、素材一つ一つのいわれのお話を皆さん興味深そうに
聞いていらっしゃり、作成中も楽しんで頂けたことが伝わってきました。
今年も1年間のイベントを通して、お引き渡し後も多くの響倶楽部会員様と
交流が持てたことを大変嬉しく思います。
年末のお忙しい時期ですが、皆様お体に気を付けて良い年をお迎えください。
新年は1月6日より営業しております。
来年も皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。