玉家建設


MENU

ハウジングギャラリーHousing Gallery HiBiKi

ブログ

ギャラリー響から情報や季節のお便りをお届けします。

バス停の癒し空間 < 続報 >

ギャラリーの松岡です。米丸小学校前バス停ベンチの続報です。

前回の響だよりでお伝えしましたアルミ鋳物ベンチの暑さ対策木製シートを 7月29日の朝に設置いたしました。

  木製シート付ベンチ

このシートは、今年4月に入社した工事部の二人がいろいろ工夫をして 作成したものです。使用している木材は、各現場で余った材料を利用し、 座面のフローリング材は、雨風にも耐えられるように、防水塗料を塗って仕上げています。 また両端の切り込みを入れたデザインは、雨の日の後に少しでも乾きやすくするための 水切りを考えたものです。

  木製シートの水切り

そして、座る方の事を考えて、座面の切り口は肌に触れてもいいように別の材料を周囲に貼り付け、角を丸くしています。 設置している際に、さっそく「これまでは熱くて座れなかったので助かります」との 嬉しいお声をかけていただきました。

 

他にも、ご紹介したいこだわりが沢山ありますが、実際にバス停を通りかかったら、 ぜひ腰をかけてみてください。やさしい座り心地の素敵なベンチになりました。

 

これからが夏本番。

暑い日が続いておりますので、熱中症に気を付けてお過ごしくださいませ。

バス停の癒し空間

こんにちは。本社ギャラリーの松岡です。

なかなか梅雨が明けず、不安定なお天気が続いていますね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

この時期が苦手な方も多いと思いますが、私は梅雨を楽しもうと
お気に入りのレイングッズで気持ちをワクワクさせて乗り切っています。

 

さて、今回は「バス停の癒し空間」についてご紹介させて頂きます。

本社敷地の前に北鉄バスの「米丸小学校前バス停」があることをご存知でしょうか。

こちらのバス停、弊社の敷地の一画を提供し、バスを待っているお年寄りや 近隣の方のためを思い、ベンチを設置しています。

  1代目木製ベンチ

こちらの空間はバスをご利用される方はもちろんですが、道行く全ての方に
やすらぎを感じて頂けるよう、木や芝などの植栽も施しています。

春には新緑、秋には紅葉など四季折々の姿で癒しとやすらぎを与えてくれています。

このことが街並み景観の評価を頂き平成21年に金沢市より 「都市美文化賞・気配り賞」を受賞いたしました。

 

今、道行く人々を静かに見守ってきた2代目の木製のベンチも朽ちて、交代の時となりました。

先日、丈夫なアルミ鋳物製の3代目ベンチを設置、固定しました。

  ベンチ設置

私も改めて新しくなった空間を見て、優しい芝の緑と、木々によって作られた木陰が
涼しげで心地よい気持ちになりました。この場所が多くの方々にとって
やすらぎの場所になり、街並みに配慮したデザインをご提案している
弊社の象徴となる空間となればありがたいです。

  新・米丸小学校前バス停

もちろん、この空間を美しく維持するために、朝の清掃と芝や庭木の水やりも
住宅設計研究室のスタッフが担当し、毎朝行っています。

  朝の清掃と水やり

また、暑い夏を迎えるまでに、ベンチのアルミ座面の温度をやわらげる木製シートの作成も 工事部の新人二人が担当し、ただ今設計製作中です。完成しましたら、 このブログの続報としてご紹介したいと思います。

 

ギャラリーにお越しの際や、お散歩などで前を通られたときには、
是非腰かけてみてください。

きっと癒しの空間を感じて頂けることと思います。