ホーム
玉家コレクション
〜 施工事例 〜
シンプル&リッチ
アフターサービス
ハウジングギャラリー 響
インフォメーション
会社情報
お問い合わせ
資料請求
採用情報

ハウジングギャラリーHousing Gallery HiBiKi

ブログ

ギャラリー響から情報や季節のお便りをお届けします。

春のディスプレイ

こんにちは。富山支店ギャラリーの齋木です。
今年は暖冬の影響で積雪がほとんどなく、記録的な大雪に見舞われた昨年に比べると
雪かきや車の渋滞が少なく助かりましたね。
3月も終わりに近づき、すっかり春めいた気候になってきましたが、
お花見シーズンを楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

私は先日、富山市内にある国登録有形文化財でもある、
豪農の館「内山邸」の梅のライトアップを見に行って来ました。

紅白の梅が約60本植えられており、早いものは1月末から咲き始め、3月下旬まで楽しめるそうです。
梅の花の香りは昼よりも夜に強く漂うそうで、この日もほのかに漂う甘い香りに包まれて、
きれいなライトアップを楽しむ方が多くいらっしゃいました。

庭園内には桜の木もあり、こちらも蕾がふっくら膨らんできており、
梅の次は桜のお花見も間もなく楽しめそうでした。

富山支店ギャラリーでも、来場されたお客様にお花見気分を味わって頂けるよう、
桜を活けてみました。
まず正面入り口には満開の啓翁桜がお客様をお迎えしています。
淡い桜のピンク色が引き立つよう、墨絵に合わせて花器の色も黒にし、シンプルに活けてみました。

お客様用洗面所には、ガラスの器を使い、桜の足元にレースフラワーやストック、
カーネーションを合わせ、華やかな色合いになるよう飾りました。

ギャラリーにお越しの際はぜひ、春を感じるディスプレイにも目をとめて頂ければと思います。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

金沢都市美文化賞を受賞しました
テーマ :

こんにちは。本社ギャラリーの吉田です。
2月も終わり、暖かい日が増え、三寒四温で春に近づいていると感じる今日この頃です。
インフルエンザも大流行しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は以前、4月にインフルエンザにかかり驚いた経験があります。
気温が上がっても気は抜かず、外出の機会も増えてくると思いますので手洗い、うがい、
マスクでウイルス・花粉対策をしてくださいね。

さて、先日の新聞にも載っていましたが金沢都市美文化賞が発表され、
NHK金沢放送局新放送会館や金沢プールなど11作品が受賞しました。

こちらの賞は美しく文化的で街並み景観に配慮した建物かどうかという評価基準のもと選定され、
当社が改築した東山1丁目のお茶屋「八の福」も選ばれました。

評価されたポイントは高さのバランスが街並みに調和しているという点です。
元々住宅だったこともあり屋根が高かったので、近隣の建物と高さのバランスを合わせ、
景観に溶け込む建物にするにはどういう外観が良いか担当設計士はこの通りを何度も何度も
往復して考えたと話していました。

ひさしを付け、高さを低く見せることで伝統的な雰囲気を出し、
母屋から差し出した屋根(下屋)の高さも考慮しています。
格子の種類も様々ある中で、どれが合うか考えて今の物を採用しました。
金沢の古き良き伝統の建物が立ち並ぶ東山にて、当社の建物が品格と厚みを
加えられたことを誇りに思います。
ぜひ皆様もお出かけの際には注目してみてください。


お茶屋「八の福」の中はこのような仕上がりになっています。
内装の打合せにはインテリアコーディネーターも加わり、古き良きものと新しいものを
バランスよく組み合わせ、品のあるインテリアをご提案させていただきました。
使う素材の数・色はシンプルにまとめ、無垢のブビンガカウンターや耳付の飾り棚が
映えるようにしました。
1Fのカウンタースペースは情緒ある陰影が出るように照明を計画し、
しっとりとした雰囲気になりました。

私たちはこれからも住まいづくりを通じて、金沢の魅力をさらに高めるような
美しい街並みづくりに取り組んでまいります。
また、ギャラリー響では「八の福」以外の改築物件の写真アルバムもございますので、
ギャラリーにお越しの際は是非ご覧ください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。